〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南1-1-1 Humax Ebisuビル 6,7,8F
TEL03-6871-9339

相談員紹介

  • HOME
  • 相談員紹介

会長 兼 代表理事

村上 幸生

村上 幸生

東京都三宅島出身
株式会社コンスピリート代表
金融関係で不動産担保ローンを3年間担当、不動産投資マンション営業を経験し、その後不動産投資会社のスターティングメンバーとして誘いを受け、賃貸管理・仕入れ・売買・ISO27001などを役員として10年間統括。その後、コンスピリート設立を機に独立。
「真にお客様とともに歩く」をモットーに、お客様が本当に幸せになれる不動産運用・活用を提唱し続ける。
現職のなかで、各専門家によるプロクオリティな相談窓口の必要性を強く感じ、2018年5月に当協会を発足。

資格

  • 相続アドバイザー
  • 宅地建物取引士
  • 賃貸不動産経営管理士
  • CPM(米国公認不動産経営管理士)

本部役員

長谷川 悠介

長谷川 悠介 フロントカウンセラー

神奈川県横浜市出身。
教育業界出身、不動産の売買・仲介の現場を14年間経験。
所属会社では「海外事業」の立ち上げ責任者を務め、非居住者向けの日本不動産管理サービスを確立。台湾、中国をメインにクライアントを抱える。
元社会科講師としての経験から、政治・経済の視点で不動産投資を読み解くセミナー・講演のスピーカーを多く務めてきた。
現在はCPMの資格を生かして、不動産運用・土地活用に関するカウンセリングを主業務とする。

資格

  • CPM(米国公認不動産経営管理士) 住宅ローンアドバイザー
長井 遼太

長井 遼太 フロントカウンセラー

東京都江戸川区出身。
外資系企業にてホテルレストランの経験を積み、大手人材サービス会社にて店舗責任者を歴任。
組織としての労務関係や法務などを学び、日本資産家協会立ち上げの責任者となる。
保険、労務を得意とする。

資格

  • ホテルビジネス実務検定、損害保険募集人、防火防災管理者

理事

伊東 大介

伊東 大介 税理士

神奈川県横浜市出身。
中央大学法学部法律学科卒
国税専門官28期生として国税庁採用、東京国税局にて勤務。
その後、小石川税務署法人課税部門にて、法人申告関連業務に従事。
税理士資格取得後、マエサワ税理士法人(株)エスネットワークスにて実務経験を積み平成2007年10月18日新宿区北新宿にて伊東事務所創業。
2008年1月7日事務所を新宿区高田馬場に移転し、同年4月1日、税理士法人イデアコンサルティング設立。
2011年6月6日事務所を渋谷区恵比寿西に移転。
2014年9月1日事務所を渋谷区広尾に移転。
2016年10月18日高田馬場オフィスを開設。現在に至る。

岩上 智彦

岩上 智彦 社会保険労務士

2017年1月23日 社会保険労務士法人アスカ・ブレインズ設立

助成金や人事労務コンサルティング(労働組合対応やM&Aに関わるもの)の実績多数。

近藤 雅行 行政書士

東京都練馬区出身

1974年3月 東洋大学法学部法律学科卒業

1974年 4月 司法書士近藤事務所入社
1976年 7月 司法書士近藤事務所 所長死亡により事務所閉鎖
1977年 9月 株式会社大明建設入社
1978年12月 株式会社鹿嶋エンタープライズ入社
1990年 2月 司法書士・土地家屋調査士杉田事務所入社
1998年10月 司法書士・行政書士パートナーズ総合事務所入社
2001年 2月 司法書士・行政書士・土地家屋調査士藤沢総合事務所入社
2003年12月 近藤行政書士事務所 開業 現在に至る

資格

  • 国家資格 行政書士
  • 普通自動車免許 自動二輪中型免許

洲鎌 一彦 司法書士

洲鎌合同司法書士事務所代表
東京司法書士会所属

石川 明夫 生保/損保コンサルティング

1974年 慶應義塾大学法学部法律学科卒業
1975年 大手証券会社勤務
1981年 AIG損害保険入社(AIU・富士火災)
2017年 損害保険代理店株式会社フォーライフ入社

協力専門家

小野 智博

小野 智博 弁護士

慶應義塾大学環境情報学部、青山学院大学法科大学院卒業
2008年 米国カルフォルニア州に赴任。Yorozu Law Group(San Francisco)およびMakman and Mtz LLP(San Mateo)で執務
2014年 帰国、ユアサハラ法律特許事務所に復帰
2017年 TandemSprint, Inc.代表取締役就任
2017年 弁護士法人ファースト&タンデムスプリント法律事務所開設

栗田 宗広 土地家屋調査士

栗田宗広土地家屋調査士
東京土地家屋調査士会 会員

金融機関担当者

※ご相談内容、ご相談者様のメインバンクなどを勘案のうえ、担当と連携してまいります。